職員の読書日記 職員の読書日記

このページでは、職員の読書日記を紹介いたします。
発達協会の職員である私たちが、出会った本の感想などを紹介するページです。


第13回
「子どもの気持ちを知る絵本3 発達凸凹なボクの世界−感覚過敏を探検する−」
プルスアルハ[<お話と絵>細尾ちあき/<解説>北野陽子]著/ゆまに書房
/定価 本体1800円+税

公益社団法人発達協会 王子クリニック 鈴木さやか(言語聴覚士)

発達に凸凹のある子達の中には、「感覚過敏」を持っている子も多くいます。この絵本の中に出てくる主人公の男の子は「感覚過敏」を持っています。主人公は「感覚過敏」によって、クラスのみんながしていることを、クラスのみんなと同じようにはできません。すると大人から“我慢が足りない”“努力が足りない”と叱られることが多くなり、自己肯定感が下がってしまいます…。

そもそも「感覚」は人によって感じ方、感じる強さは様々であり、その「感覚」が「過敏」な子どもたちは実際どのように感じているのか、とても分かりにくいものです。自分の感じていることを、ことばで表現するのが難しい場合も沢山あるでしょう。

この絵本の巻末では「感覚過敏」について、イラストも交えながらお子さんにも分かりやすく説明されており、対処法のヒント例も紹介されています。この本の主人公と同じように「感覚過敏」で困っているお子さん自身がこの本を通して、本当に感じていること、困っていることに新たに気づき、周りの大人に伝える機会作りにもなるでしょう。また、その子の持っている「感覚過敏」を周りの大人も正しく理解し、その子に合った対処法を見つけていくことで、主人公と同じように“ボクは(わたしは)ダメな子ではない”という安心感、周りの大人への信頼感をもたらしてくれることでしょう。感覚過敏を持っているお子さん自身とそのお子さんと関わるすべての方に読んでいただきたい1冊です。




第1回 「子どもの集中力を育てる」齋藤孝 著

第2回 「自閉症の子どもと家族の幸せプロジェクト ―お父さんもがんばる!「そらまめ式」自閉症療育」藤居学 著

第3回 「皮膚感覚の不思議」 山口 創 著

第4回 「子どもの理解と援助のために 感覚統合Q&A」 佐藤 剛 監修/永井洋一・浜田昌義 編集

第5回 「脳からわかる発達障害−子どもたちの「生きづらさ」を理解するために」 鳥居深雪 著

第6回 「自閉症の社会学」 竹中 均 著

第7回 「ピーティ」 ベン・マイケルセン 著

第8回 「発達障害の子の感覚遊び・運動遊び」 木村 順 著

第9回 「発達障害のある子を理解して育てる本」 田中哲・藤原美里 著  監修/学研プラス

第10回「発達障害の子に「ちゃんと伝わる」言葉がけ―日常生活の「できる」を増やす伝え方のルール」佐々木正美 著

第11回「ADHDのある子を理解して育てる本」 田中康雄 監修

第12回「自閉というぼくの世界」 なおき 作・エスコアール

第13回「子どもの気持ちを知る絵本B 発達凸凹なボクの世界−感覚過敏を探検する−」 プルスアルハ[<お話と絵>細尾ちあき/<解説>北野陽子]著

第14回「ヒトはなぜ協力するのか」 マイケル・トマセロ 著

第15回「発達障害とことばの相談−子どもの育ちを支える言語聴覚士のアプローチ−」 中川信子 著

第16回「自閉症の僕が跳びはねる理由」東田直樹 著