2020 春のセミナー

受講料:各10,000円(税込)(会員9,000円(税込))
 ※会員についてのご案内はこちら(月刊発達教育ご購読のみの方は、会員ではありません)

●時間:10:15~16:20(受付開始 9:30~)

●会場:東京・有明のTFTビル東館
 アクセス:ゆりかもめ「東京ビッグサイト」駅より徒歩1分/りんかい線「国際展示場」駅より徒歩5分
 

A
2020年 2月1日(土)
 対象年齢  
haru-nenrei
WISC-IVを用いた評価法と指導・支援への活かし方  
-報告書を書くときのポイントも含めて

子どもへの指導・支援において、適切な評価は欠かせません。心理検査は客観的な指標として活用されていますが、取ることはもちろん、その解釈や活かし方には十分な知識や経験が必要です。このセミナーでは、代表的な心理検査のひとつであるWISC-Ⅳを取り上げ、その結果の読み取り方、活かし方をお伝えします。また併せて、保護者等への結果説明、報告書を書くときのポイントもお伝えします。検査方法は取り上げません。検査を取らない方のご受講もお受けいたします。

2月1日(土)
9:30 受付
10:15~11:45 WISC-IVの結果の読み取り方
安住 ゆう子(NPOフトゥーロLD発達相談センターかながわ)

13:00~14:30 検査結果や観察評価から導く、学習課題と生活面への支援
安住 ゆう子(NPOフトゥーロLD発達相談センターかながわ)

14:50~16:20 結果説明と報告書を書く時のポイント
安住 ゆう子(NPOフトゥーロLD発達相談センターかながわ)


一般の方:
数量:
正会員・賛助会員:(月刊誌「発達教育」ご購読のみの方は会員ではありません)
数量:
 
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
  ※正会員・賛助会員の方は、春のセミナーチラシ2020付録
 「正会員・賛助会員限定 セミナーお申し込み用QRコード」をご利用ください。
※AかBのセミナーどちらかをお申込みください。
 Aのセミナーをお申し込みの方は、Bのセミナーはお申し込みできません。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------




B
2020年 2月1日(土)
 対象年齢 
haru-nenrei
応用行動分析から学ぶ療育の基礎  
-コミュニケーションと行動面の課題を中心に

何度注意しても子どもが不適切な行動を繰り返す、子どもにルールを伝えられない、子どもとコミュニケーションを取りにくい、といった悩みを抱えている方はいませんか。このセミナーでは、応用行動分析の枠組みを用いた子どもへの指導・支援の方法をお伝えします。経験の浅い先生方へもわかりやすく、豊富な事例とともに解説する基礎講座です。また、改めて知識、経験を整理したい先生方へもお勧めします。

2月1日(土)
9:30 受付
10:15~11:45 応用行動分析を用いた発達支援
山本 淳一(慶應義塾大学)

13:00~14:30 コミュニケーションへの支援 -事例検討
山本 淳一(慶應義塾大学)

14:50~16:20 行動の問題への対応 -事例検討
山本 淳一(慶應義塾大学)


一般の方:
数量:
正会員・賛助会員:(月刊誌「発達教育」ご購読のみの方は会員ではありません)
数量:
 
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
  ※正会員・賛助会員の方は、春のセミナーチラシ2020付録
 「正会員・賛助会員限定 セミナーお申し込み用QRコード」をご利用ください。
※AかBのセミナーどちらかをお申込みください。
 Bのセミナーをお申し込みの方は、Aのセミナーはお申し込みできません。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------




C
2020年 2月2日(日)
 対象年齢
haru-nenrei
大人に反抗する子をどう理解し、関わるか  
-発達障害の二次的な問題、反抗挑戦性障害、愛着障害等、その背景を知ることから

子どもの反抗の背景はさまざまです。発達の一場面であれば誰にでもあることですが、発達障害の二次的な問題や反抗挑戦性障害、愛着障害等があることのあらわれかもしれません。「反抗」とひとくくりにせず、その背景を見極め、対応することが求められます。このセミナーでは、反抗の背景を整理したうえで、反抗する子どもへの関わり方を具体的に学びます。また、社会に適応しにくい状態にある子どもたちの自己肯定感を高めるために、レジリエンスを育てる支援についてもお伝えします。

2月2日(日)
9:30 受付
10:15~11:45 反抗する子どもの背景-発達障害の二次的な問題、反抗挑戦性障害、愛着障害等
田中 哲(子どもと家族のメンタルクリニックやまねこ)


13:00~14:30 反抗する子どもへの関わり方
奥山 隆(那須子どもの家)

14:50~16:20 レジリエンスを育てる
小野寺 敦子(目白大学人間学部心理カウンセリング学科)


一般の方:
数量:
正会員・賛助会員:(月刊誌「発達教育」ご購読のみの方は会員ではありません)
数量:
 
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
  ※正会員・賛助会員の方は、春のセミナーチラシ2020付録
 「正会員・賛助会員限定 セミナーお申し込み用QRコード」をご利用ください。
※CかDのセミナーどちらかをお申込みください。
 Cのセミナーをお申し込みの方は、Dのセミナーはお申し込みできません。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------




D
2020年 2月2日(日)
 対象年齢
haru-nenrei
吃音や場面緘黙のある子どもの育ちを支える  
-「話したいのに上手く話せない」子への対応

話したいのに、上手く話せない子がいます。大人は、「話さない」のではなく、「話せない」と理解する必要があります。このセミナーでは、上手く話せない背景として発音の未熟さ(機能性構音障害)、吃音、場面緘黙を取り上げます。一部の講義では、発達障害との関連についても触れる予定です。子どもが安心して学び、遊び、暮らすために、心理、言語の視点から子どもへの理解を深めます。

2月2日(日)
9:30 受付
10:15~11:45 発音が未熟な子への支援 -機能性構音障害への保育・教育の場での対応
三木 江理奈(個別学習エイル)

13:00~14:30 吃音のある子の育ちと支援者に求められる対応
小林 宏明(金沢大学)

14:50~16:20 場面緘黙のある子への理解と支援 -自閉症スペクトラムとの関連も含めて
高木 潤野(長野大学)


一般の方:
数量:
正会員・賛助会員:(月刊誌「発達教育」ご購読のみの方は会員ではありません)
数量:
 
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
  ※正会員・賛助会員の方は、春のセミナーチラシ2020付録
 「正会員・賛助会員限定 セミナーお申し込み用QRコード」をご利用ください。
※CかDのセミナーどちらかをお申込みください。
 Dのセミナーをお申し込みの方は、Cのセミナーはお申し込みできません。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------




E
2020年 2月15日(土)
 対象年齢
haru-nenrei
「対応の難しい」保護者と、「不適切な養育」を受けた子どもへの支援  
-発達障害のある子のケースを中心に

指導・支援者の思いが伝わりにくい、家庭の養育能力に心配な点があるといった、「対応の難しい」保護者がいます。指導・支援者も消耗するでしょうが、保護者が子育てや先生との関係づくりに悩んでいることを忘れてはいけません。保護者とのコミュニケーション、そして子育て支援はどのようにすればよいのでしょうか? 不適切な養育を受けた子への関わり方とともに、学びたいと思います。

2月15日(土)
9:30 受付
10:15~11:45 「対応の難しい」保護者とは
七木田 敦(広島大学)

13:00~14:30 「対応の難しい」保護者との関係づくり
七木田 敦(広島大学)

14:50~16:20 不適切な養育を受けた子への対応
伊東 ゆたか(帝京大学医学部精神神経科)


一般の方:
数量:
正会員・賛助会員:(月刊誌「発達教育」ご購読のみの方は会員ではありません)
数量:
 
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
  ※正会員・賛助会員の方は、春のセミナーチラシ2020付録
 「正会員・賛助会員限定 セミナーお申し込み用QRコード」をご利用ください。
※EかFのセミナーどちらかをお申込みください。
 Eのセミナーをお申し込みの方は、Fのセミナーはお申し込みできません。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------




F
2020年 2月15日(土)
 対象年齢
haru-nenri
あそびを通した発達支援  
-ソーシャル・スキルと感覚を中心に

集団の中で自分をコントロールする、ルールを守るといったソーシャル・スキル。ソーシャル・スキルの獲得に困っている子どもはいませんか? このセミナーでは、ソーシャル・スキルを育てるあそびを事例とともに紹介します。またさまざまなあそびに取り組む上での基礎となる体の育ちと感覚の問題についての講義も設けました。明日からの実践に活かせるヒントが満載のセミナーです。

2月15日(土)
9:30 受付
10:15~11:45 感覚統合の視点から見た、からだの育ちと感覚の問題
有川 真弓(千葉県立保健医療大学)

13:00~14:30 子どもが困っていることと、その背景 -ソーシャル・スキルの視点から
大畑 豊(子どもの心と発達の相談ルーム ここケット)

14:50~16:20 ソーシャル・スキルを育てるあそび -学童期を中心に
大畑 豊(子どもの心と発達の相談ルーム ここケット)


一般の方:
数量:
正会員・賛助会員:(月刊誌「発達教育」ご購読のみの方は会員ではありません)
数量:
 
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
  ※正会員・賛助会員の方は、春のセミナーチラシ2020付録
 「正会員・賛助会員限定 セミナーお申し込み用QRコード」をご利用ください。
※EかFのセミナーどちらかをお申込みください。
 Fのセミナーをお申し込みの方は、Eのセミナーはお申し込みできません。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------




G
2020年 2月16日(日)
 対象年齢
haru-nenrei
自己認知への発達支援  
-「被害的な考え」「過剰な思い込み」等をする子への対応

自分ばかり注意されると被害的になったり、絶対失敗するからやらない等と思い込みが激しかったりする子ども。大人は、彼らの自己認知‐自分をどう捉えるか‐を理解し、自己認知の歪みをふまえてアプローチする必要があります。またこのセミナーでは、その時の行動だけに注目するのではなく、見通しを持った指導・支援をするために、発達障害のある子のライフステージを追った育ちについてもお伝えします。多角的な視点から学ぶことが、現場で支援する力を高めます。

2月16日(日)
9:30 受付
10:15~11:45 なぜ「被害的な考え」「過剰な思い込み」等をするのか -認知の歪みへの理解
松浦 直己(三重大学)

13:00~14:30 自分を肯定できるようになるために -認知行動療法を用いた自己認知への発達支援
松浦 直己(三重大学)

14:50~16:20 発達障害のある子の育ち -見通しを持った支援をするために
石﨑 朝世(発達協会王子クリニック)


一般の方:
数量:
正会員・賛助会員:(月刊誌「発達教育」ご購読のみの方は会員ではありません)
数量:
 
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
  ※正会員・賛助会員の方は、春のセミナーチラシ2020付録
 「正会員・賛助会員限定 セミナーお申し込み用QRコード」をご利用ください。
※GかHのセミナーどちらかをお申込みください。
 Gのセミナーをお申し込みの方は、Hのセミナーはお申し込みできません。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------




H

2020年 2月16日(日)

 対象年齢
haru-nenrei
不注意な子への理解と支援  
-「集中困難・忘れっぽさ・過集中」のメカニズム

集団の中で話を聞けない、はじめたことを最後までできない、忘れ物が多いといった子どもがいます。一方、好きなことには何度話しかけても気づかないくらい集中できることも。彼らの行動の背景にある特性は何なのでしょうか? 彼らの特性をプラスに変える視点を忘れないよう心がけつつ、医学的な診断基準、認知の特性、また具体的な事例とともに教育的な対応、配慮を学びたいと思います。

2月16日(日)
9:30 受付
10:15~11:45 注意・集中のコントロールが弱い子への支援① -不注意の要因と基本となる対応
長澤 正樹(新潟大学)

13:00~14:30 注意・集中のコントロールが弱い子への支援② -アセスメントから導く支援の実際
長澤 正樹(新潟大学)

14:50~16:20 ADHDの不注意/過集中とは -ADHDのよい点も含めて
今村 明(長崎大学)


一般の方:
数量:
正会員・賛助会員:(月刊誌「発達教育」ご購読のみの方は会員ではありません)
数量:
 
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
  ※正会員・賛助会員の方は、春のセミナーチラシ2020付録
 「正会員・賛助会員限定 セミナーお申し込み用QRコード」をご利用ください。
※GかHのセミナーどちらかをお申込みください。
 Hのセミナーをお申し込みの方は、Gのセミナーはお申し込みできません。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------




I
2020年 2月23日(日)
 対象年齢
haru-nenrei
愛着障害と発達障害  
-求められる支援とは

子どもの愛着形成が、改めて注目されるようになってきました。愛着形成に問題を抱える子どもの行動は、発達障害のある子どもの行動と混同されることもあるようですが、違いを理解した上で対応する必要があります。このセミナーでは、愛着障害の理解とともに求められる支援、また愛着障害と発達障害を併せ持つ子との関わり方について、臨床経験豊富な講師が具体的にお伝えします。

2月23日(日)
9:30 受付
10:15~11:45 愛着障害の理解
米澤 好史(和歌山大学)

13:00~14:30 愛着障害と発達障害との違いと「してはいけない対応」
米澤 好史(和歌山大学)

14:50~16:20 愛着障害の支援と愛着修正プログラム  
米澤 好史(和歌山大学)


一般の方:
数量:
正会員・賛助会員:(月刊誌「発達教育」ご購読のみの方は会員ではありません)
数量:
 
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
  ※正会員・賛助会員の方は、春のセミナーチラシ2020付録
 「正会員・賛助会員限定 セミナーお申し込み用QRコード」をご利用ください。
※IかJかKのセミナーいずれかをお申込みください。
 Iのセミナーをお申し込みの方は、JとKのセミナーはお申し込みできません。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------




J
2020年 2月23日(日)
 対象年齢
haru-nenrei
チック・トゥレット症、強迫性障害、摂食障害  NEW
-発達障害に併存しやすい障害について学ぶ

発達障害には、いくつかの併存しやすい障害があります。園や学校、また福祉の現場でも、発達障害についてだけでなく、併存する障害への理解、対応が求められます。このセミナーでは、チック・トゥレット症、摂食障害、強迫性障害の3つの障害を取り上げました。いずれも聞いたことや症状を見たことはあっても、正確な知識を学ぶ機会は少ないのではないでしょうか。子どもの健やかな育ち、持てる力を発揮できる毎日のために、子どもと直接関わる先生方に受講していただきたいセミナーです。

2月23日(日)
9:30 受付
10:15~11:45 チック・トゥレット症 -発達障害との併存も含めて
星野 恭子(医療法人社団昌仁醫修会 瀬川記念小児神経学クリニック)

13:00~14:30 摂食障害 -発達障害との併存も含めて
大谷 良子(獨協医科大学埼玉医療センター子どものこころ診療センター)

14:50~16:20 強迫性障害 -発達障害との併存も含めて
小平 雅基(愛育クリニック小児精神保健科)


一般の方:
数量:
正会員・賛助会員:(月刊誌「発達教育」ご購読のみの方は会員ではありません)
数量:
 
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
  ※正会員・賛助会員の方は、春のセミナーチラシ2020付録
 「正会員・賛助会員限定 セミナーお申し込み用QRコード」をご利用ください。
※IかJかKのセミナーいずれかをお申込みください。
 Jのセミナーをお申し込みの方は、IとKのセミナーはお申し込みできません。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------




K
2020年 2月23日(日)
 対象年齢
haru-nenrei
情動調整の発達と情動・感情のコントロール  NEW
-レジリエンスも含めて

自分の情動に気づき、コントロールすることは、自分自身を精神的に安定させるだけでなく、他者と関わる時にも求められます。しかし、発達に偏りや未熟さがある子どもの保育・教育・療育の現場では、この情動調整に支援が必要なケースが少なくありません。今回のセミナーでは、定型発達の子どもの情動調整とその発達とともに、情動・感情のコントロールへの支援について、レジリエンスを高める視点から学びます。現場の実践例も豊富にお伝えする予定です。

2月23日(日)
9:30 受付
10:15~11:45 情動調整の発達
平林 秀美(東京女子大学)

13:00~14:30 情動・感情のコントロールとレジリエンス
湯汲 英史(発達協会・早稲田大学)

14:50~16:20 レジリエンスを高める関わり方
小倉 尚子(発達協会・早稲田大学)


一般の方:
数量:
正会員・賛助会員:(月刊誌「発達教育」ご購読のみの方は会員ではありません)
数量:
 
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
  ※正会員・賛助会員の方は、春のセミナーチラシ2020付録
 「正会員・賛助会員限定 セミナーお申し込み用QRコード」をご利用ください。
※IかJかKのセミナーいずれかをお申込みください。
 Kのセミナーをお申し込みの方は、IとJのセミナーはお申し込みできません。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------