------------------------------------------------------------------
月刊発達教育について

●月刊「発達教育」は、年間購読をお願いしています。
●書店ではお求めになれません。お手元まで、毎月直接お届けいたします。
●2017年度分は2017年4月号〜2018年3月号までです。
●年度途中のお申し込みでも、4月号よりお送りしています。原則、年間購読以外の販売(ばら売り、途中の号からのご注文)はお断りしております。
●月刊「発達教育」購読料の郵便振り込み手数料は無料です。
●月刊「発達教育」は、継続購読の手続きを簡単にするため、「自動継続システム」をとっています。購読中止を希望される場合には必ずご連絡下さい。
●発送には、1週間から10日程度かかる場合があります。
●バックナンバーの販売は当年度11月末に終了します。バックナンバーはばら売りも受け付けております。
●会員の購読料は、会費に含まれています。
●10点以上のお申し込みは、通信欄に商品名と点数をご入力ください。



2017年度 年間購読料 4,800円(送料+税込み/B5判、44ページ)


月刊「発達教育」5月号

月刊 発達教育(2017年度) 受付中!
数量:






最新号
特集 「目立たない」子への理解と関わり
    橋本創一


集団の中で「目立たない」子がいます。「問題を起こさない」「受け身」であるために、発達障害や知的障害があることへの配慮を十分にされていない場合もあります。発達障害や知的障害を併せ持つ「目立たない」子に対し、周囲の大人はどう対応すべきでしょうか。彼らへの理解を深めるとともに、現場での対応を学びます。

◆特集 「目立たない」子への理解と関わり
 橋本創一(東京学芸大学教育実践研究支援センター)

1.保護者の訴えと保育者・教師の見立て
2.「目立つ」と「目立たない」の境界:診断の難しさ
3.「目立たない」子の特徴
4.なぜ「目立たない」のか
5.「目立たない」子の支援ニーズの解釈:リスク予防も含めて
6.「目立たない」子の事例
7.まとめ


●家族支援
親の気持ち―理解し、支えるために
落ち着きのない孫について
中川信子
  
●コミュニケーション
新なぜ伝わらないのか、どうしたら伝わるのか
自分を表現する18体の不快を表現する(1)…
自分の感じを伝える
湯汲英史

●社会性
「行動の問題」の理解とその対応【事例から考える】
お友だちからおもちゃを奪い取ってしまう事例を考える
井澤信三

●論説 巻頭言
「なぜその指導が必要か」三回問うこと
佐藤功一

●認知 
ソーシャル・イメージングと発達支援への応用
人々の関係性を明らかにする
鈴木 健嗣・辻 愛里・蜂須 拓

●生活
自立を支える暮らしの力
お手伝い――コップに注ぐ
藤野泰彦

●エッセイ
子どもを取り巻く世界とその仕組み
「言外」ということ 
玉井邦夫





●あそび
不器用な子への発達支援―
運動や遊びからのアプローチ―
高さに慣れる
増田貴人

●心理
基礎から学ぶ〈感覚・運動の問題〉
感覚処理に関する研究でわかってきたこと
岩永竜一郎

●成人期
成人期の暮らし
発達障害のある人が困っていること―
周囲の対応と本人がするべきこと
2周囲が取るべき対応―合理的配慮とは
梅永雄二

●子育て
あなたの子育て相談室
井上智佳

私の子育て日記
柿沼真理

●ICT
ICTの活用術
ICTを使って自尊心を貯金しよう
小川修史

●読者のページ
みんなのひろば―お便りとアンケートのページ

★書籍・DVDのご案内
★事務局通信
★クリップボード










HOMEへ戻る