------------------------------------------------------------------
月刊発達教育について

●月刊「発達教育」は、年間購読をお願いしています。
●書店ではお求めになれません。お手元まで、毎月直接お届けいたします。
●2017年度分は2017年4月号〜2018年3月号までです。
●年度途中のお申し込みでも、4月号よりお送りしています。原則、年間購読以外の販売(ばら売り、途中の号からのご注文)はお断りしております。
●月刊「発達教育」購読料の郵便振り込み手数料は無料です。
●月刊「発達教育」は、継続購読の手続きを簡単にするため、「自動継続システム」をとっています。購読中止を希望される場合には必ずご連絡下さい。
●発送には、1週間から10日程度かかる場合があります。
●バックナンバーの販売は当年度11月末に終了します。バックナンバーはばら売りも受け付けております。
●会員の購読料は、会費に含まれています。
●10点以上のお申し込みは、通信欄に商品名と点数をご入力ください。



2017年度 年間購読料 4,800円(送料+税込み/B5判、44ページ)


月刊「発達教育」8月号

月刊 発達教育(2017年度) 受付中!
数量:






最新号
特集 「発達障害のある人の
       時間感覚と支援のあり方」
    熊谷高幸


目に見えない「時間」は、自閉症スペクトラム障害をはじめとする発達障害のある子にとって、理解しにくいものです。また「はやく感じる」「おそく感じる」といった時間の感覚も、発達障害のある子・人の場合、障害のない人とは違いがあると言われています。今号では、時間感覚への理解と支援について、学びたいと思います。

◆特集「発達障害のある人の時間感覚と支援のあり方」
 熊谷高幸(福井大学)



●家族支援
親の気持ちー理解し、支えるために
境い目のお子さん
中川信子
  
●コミュニケーション
新なぜ伝わらないのか、どうしたら伝わるのか
自分を表現する22感覚過敏を持つ子ども
…子どもの姿から学ぶ
湯汲英史

●社会性
「行動の問題」の理解とその対応【事例から考える】
異性に抱き着いてしまう事例を考える
井澤信三

●論説 巻頭言
愛着障害の理解と愛着の問題を抱えるこどもへの
支援の必要性
米澤好史

●【新連載】認知
発達障害のある子の心身の課題と身体的アプローチ
マッサージの効果のメカニズム
山口創

●生活
自立を支える暮らしの力
お手伝い・社会生活――ごみの始末
藤野泰彦

●エッセイ
子どもを取り巻く世界とその仕組み
「呟き」の行方
玉井邦夫

●あそび
不器用な子への発達支援
―運動や遊びからのアプローチ―
新聞紙を使って
増田貴人

●心理
基礎から学ぶ〈感覚・運動の問題〉
感覚過敏への対応2
不快な刺激を遠ざける工夫
岩永竜一郎

●成人期
成人期の暮らし グループホームで暮らしはじめる−
オープンから半年過ぎて振り返る2
野口正廣

●子育て
あなたの子育て相談室
清野真美
私の子育て日記
安保律子

●ICT
ICTの活用術
アプリってどうやって手に入れるの?
小川修史

●読者のページ
みんなのひろば―お便りとアンケートのページ

★書籍・DVDのご案内
★事務局通信
★クリップボード









HOMEへ戻る