特集
「子どもの成長・発達と大人の関わり方」
武藤英夫

(発達協会 臨床心理士・言語聴覚士)


子どもは成長・発達します。当たり前のことですが、成長・発達に合わせて、学校等で学ぶ内容は変わります。一方、大人の関わり方はどうでしょうか?いつまでも、幼子扱いしていないでしょうか?今号では、子どもの成長・発達に合わせた、子どもとの関わり方について考えます。

1.関わり方の方向性
2.関わる側の心構え
3.幼児期
4.就学期
5.学童低学年
6.学童高学年・中学生
7.高校生
8.青年期


●家族支援
親の気持ち−理解し、支えるために
就園を控えて焦り気味の親御さん
中川信子

●発達心理
人としての成長を見つめる
変化に弱いCくん…それでも乗り越えていく3
湯汲英史

●行動
行動の問題への対応
思春期のやる気サポート
高橋 史

●論説 巻頭言
二六年間の診療で学んだ
子どもたちの未来につながる大切なことがら
石ア朝世

●認知 【新連載】
発達障害のある子の注意機能、遂行機能
適応力を支える注意機能と遂行機能
坂爪一幸

●生活
自立を支える暮らしの力
清潔―鼻かみ
山口聡美

●エッセイ
子どもを取り巻く世界とその仕組み
いいところなんて何もない
玉井邦夫


●社会性
遊びやゲームを通して、社会性を育てる
行動の結果を予測する
腰川一惠

●学習
基礎から学ぶ学習の指導
順序から量へ
立松英子

●成人期
成人期の暮らし
ダウン症のある人の青年期・成人期
−発達の変化と支援に向けて−
小島道生

●子育て
あなたの子育て相談室
小倉尚子
私の子育て日記
望月麻美

●エッセイ
ユンタにまつわるあれこれのこと
ユンタの進学問題
たちばなかおる

●読者のページ
みんなのひろば―お便りとアンケートのページ

★発達協会職員の読書日記
★書籍のご案内
★事務局通信
★クリップボード









HOMEへ戻る