最新号
特集 「ADHD、ASDへの薬物治療―
    服薬前に知っておきたいこと」
林 隆
(西川医院発達診療部発達小児科)


ADHDやASDのある子どもが、医療機関で薬を処方されるのは珍しいことではありません。服薬による変化に過大な期待をする声がある一方、あまり薬を飲ませたくないと心配する声もあります。客観的な、正しい知識が必要です。今号は、保育・教育関係者や保護者などが知っておきたい、薬の知識をまとめたいと思います。

 1.服薬の目的
 2.薬物の安全性
 3.ADHD、ASDに使う薬の特徴
 4.ADHD治療薬の効果
 5.ADHD治療薬の副反応
 6.ASD治療薬の効果
 7.ASD治療薬の副反応
 8.投薬開始の適応(投薬の要否)とタイミング
 9.発達に与える影響は?
10.服薬中止のタイミング
11.事例
12.薬物療法で大切なこと


●家族支援
親の気持ち-理解し、支えるために
「子どもは私に似ているので心配していない」
とおっしゃる保護者 中川信子

●発達心理
人としての成長を見つめる
変化に弱いCくん…それでも乗り越えていくD
湯汲英史

●行動
行動の問題への対応
対応力の鍵は「三本の矢」
高橋 史

●論説 巻頭言
障害者雇用水増しと相模原事件
市川 亨

●認知
発達障害のある子の注意機能、遂行機能
注意機能と遂行機能「制御」の見方と障害への対応
坂爪一幸

●生活
自立を支える暮らしの力
社会生活―買い物
小池 瞳

●エッセイ
子どもを取り巻く世界とその仕組み
ここじゃない、という苦悩
玉井邦夫


●社会性
遊びやゲームを通して、社会性を育てる
仲間を意識して行動する
腰川一惠

●学習
基礎から学ぶ学習の指導
集団の中でA
立松英子

●成人期
成人期の暮らし
ダウン症のある人の青年期・成人期
―発達の変化と支援に向けてB―
小島道生

●子育て
あなたの子育て相談室
井上智佳
私の子育て日記
岡田美沙子

●エッセイ
ユンタにまつわるあれこれのこと
障害の重さを決めるもの
たちばなかおる

●読者のページ
みんなのひろば―お便りとアンケートのページ

★発達協会職員の読書日記
★書籍のご案内
★事務局通信
★クリップボード








HOMEへ戻る