------------------------------------------------------------------
月刊発達教育について

●月刊「発達教育」は、年間購読をお願いしています。
●書店ではお求めになれません。お手元まで、毎月直接お届けいたします(25日発行)。
●2020年度分は2020年4月号〜2021年3月号までです。
●年度途中のお申し込みでも、4月号よりお送りしています。
 原則、年間購読以外の販売(ばら売り、途中の号からのご注文)はお断りしております。
●月刊「発達教育」購読料の郵便振り込み手数料は無料です。
●月刊「発達教育」は、継続購読の手続きを簡単にするため、「自動継続システム」をとっています。
 購読中止を希望される場合には必ずご連絡下さい。
●発送には、1週間から10日程度かかる場合があります。
●バックナンバーの販売は当年度11月末に終了します。バックナンバーはばら売りも承っております。
●会員の購読料は、会費に含まれています。
●10点以上のお申し込みは、通信欄に商品名と点数をご入力ください。



2020年度 年間購読料 4,800円(送料+税込み/B5判、44ページ)


月刊「発達教育」5月号

月刊 発達教育(2020年度) 受付中!
数量:




 

特集 「落ち着きのないクラスをどう変えるか?
   −「刺激」ではなく、
    「実行機能」で行動する園児へ」
福岡 寿
(日本相談支援専門員協会 顧問)


「落ち着かない」クラスと「落ち着いた」クラスの差は何でしょうか。クラス運営は、園生活に大きな影響を与えますが、発達に配慮が必要な子が在籍する場合は、よりわかりやすいクラス運営が求められます。配慮が必要な子を含めた保育園のクラス運営について、事例とともに学びます。

@はじめに、24年間の保育園巡回訪問の実感から
A実行機能で動く園児のクラスか? 刺激に誘引されて動く園児のクラスか?
B自由遊びから朝の会の動きでおおよそのクラスの状況がわかる
C落ち着かないクラスに共通して見られる背景
Dクラスの多くの園児が実行機能で動けるクラス作りを目指す
E実行機能で動けるクラス集団が育っていくと、
 発達特性のある園児も「僕も……」という動機付けが高まっていく
F発達特性のある子の強みがクラス活動に活かされていく
G最後に
 

●家族支援
親の気持ち―理解し、支えるために
体力がなくて経験を広げてあげられない
中川信子

●発達心理
人としての成長を見つめる
過剰な焦点付け
湯汲英史

●行動【新連載】
問題行動がある子へのアプローチ
問題行動の背景@
長澤正樹

●論説 巻頭言
場面緘黙を巡る現状と課題
高木潤野

●医学
教育・福祉現場に求められる 愛着障害への理解・対応
愛着障害と発達障害
山崎知克

●生活
自立を支える暮らしの力
お手伝い−台布巾を絞る
藤野泰彦

●エッセイ
子どもを取り巻く世界とその仕組み
ウイルスへの敵意と人への敵意
玉井邦夫


●社会性【新連載】
ソーシャルスキルを育てる遊び・ゲーム
身近なゲームを上手にアレンジしてみる
岡田智

●学習
基礎から学ぶ学習の指導
初めて会ったときにすることA
立松英子

●成人期
成人期の暮らし
知的障害のある人の職場定着
―知的障害のある人の離職要因―
根本治代

●子育て
あなたの子育て相談室
一松麻実子
私の子育て日記
上田幸子

●エッセイ
ユンタにまつわるあれこれのこと
ユンタのお絵かき
たちばなかおる


●読者のページ
みんなのひろば―お便りとアンケートのページ

★書籍のご案内
★発達協会のセミナーのレジュメから
★事務局通信
★クリップボード








HOMEへ戻る