2019 実践セミナー


 2019年7月26日(金)・27日(土)
対象年齢 
ことばの育ちを支援する  
評価法と多様な側面への理解と支援

経験や勘だけに頼らない、評価に基づいた指導方法を学びます。
子どもの発達の中で、関心の高い領域のひとつが「ことば」です。「ことば」には理解、表出、音の産生等多様な側面があり、それぞれの発達や連関をふまえた上で、子どもと関わる必要があります。このセミナーでは、「ことば」の発達と障害、評価法とともに、諸側面への指導・支援法を学びます。経験豊富な講師陣がお伝えする例年、好評のセミナーです。

7月26日(金) 7月27日(土)
9:30 受付 受付
10:15~11:45 ことばの発達とその障害
大伴 潔(東京学芸大学)


話しことばの障害とは
構音障害と吃音を中心に
原 由紀(北里大学)

13:00~14:30 ことばの発達の評価
LCスケールを中心に
大伴 潔(東京学芸大学)

ことばの獲得に向けた発達支援
三木 江里奈(個別学習エイル)


14:50~16:20 ことばの発達と聴覚
聴こえの問題への理解を深める
廣田 栄子(筑波大学 名誉教授)

暮らしの中でことばを育てる
國島 典子(ことばの相談室ホワイトベル)



一般の方:
数量:
正会員・賛助会員:(月刊誌「発達教育」ご購読のみの方は会員ではありません)
数量:
 
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
  ※正会員・賛助会員の方は、発達教育号外2019付録
 「正会員・賛助会員限定 セミナーお申し込み用QRコード」をご利用ください。
※セミナーAをお申し込みの方は、同日開催のセミナーBはお申し込みできません。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------




 2019年7月26日(金)・27日(土)
対象年齢 
脳の働きに配慮した指導の実際
神経心理学の視点から認知機能について理解を深める

実行機能やワーキングメモリの働きをふまえた指導とは。
気が散りやすい、忘れっぽい、板書が遅い…といった子どもがいませんか? これらの困難さの多くは、脳の働きである認知機能の偏りや未熟さが主な原因といわれています。認知機能とその偏りや未熟さについて学ぶことが発達障害への理解を深め、有効な指導・支援につながります。評価法とともに、具体的な指導・支援法をお伝えするセミナーです。

77月26日(金) 7月27日(土)
9:30 受付 受付
10:15~11:45 認知機能の評価①
神経心理学の視点から
坂爪 一幸(早稲田大学)

発達障害のある子の実行機能と支援
池田 吉史(上越教育大学)


13:00~14:30 認知機能の評価②
評価からつなげる指導法
坂爪 一幸(早稲田大学)

ワーキングメモリの働きと学習
発達障害のある子を中心に
河村 暁(発達ルームそら)

14:50~16:20 視覚認知のつまずきとその支援
本多 和子
(医療法人社団昌仁醫修会 瀬川記念小児神経学クリニック)

ワーキングメモリの弱さに配慮した学習支援
読み書き・文章理解・算数について
河村 暁(発達ルームそら)


一般の方:
数量:
正会員・賛助会員:(月刊誌「発達教育」ご購読のみの方は会員ではありません)
数量:
 
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
  ※正会員・賛助会員の方は、発達教育号外2019付録
 「正会員・賛助会員限定 セミナーお申し込み用QRコード」をご利用ください。
※セミナーBをお申し込みの方は、同日開催のセミナーAはお申し込みできません。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------




 2019年7月28日(日)・29日(月)
対象年齢 
子どもと関わる先生のための家族支援講座
愛着障害への理解も含めて

保育・教育・療育の場で行う家族支援について考えます。
子育てや家族のあり方が社会問題となっています。障害のある子への指導・支援の現場でも、家族への働きかけは大きな課題。このセミナーではペアレント・メンターやペアレント・トレーニングといった保護者へのアプローチとともに、機能不全家庭で育った子どもに見られることの多い愛着障害について学びます。保育、教育、療育関係者必須のセミナーです。

7月28日(日) 7月29日(月)
9:30 受付 受付
10:15~11:45 発達障害と愛着障害①
発達障害と愛着障害の違い
米澤 好史(和歌山大学)

保護者に子どもの障害をどう、説明するか
井上 雅彦(鳥取大学大学院 医学系研究科)


13:00~14:30 発達障害と愛着障害②
愛着障害の支援と保護者対応
米澤 好史(和歌山大学)

保護者が支えあう環境づくり
ペアレント・メンターの考え方と活用法
井上 雅彦(鳥取大学大学院 医学系研究科)

14:50~16:20 きょうだいへの支援
吉川 かおり(明星大学)


発達障害・知的障害のある子の保護者支援
ペアレント・トレーニングの視点から
井上 雅彦(鳥取大学大学院 医学系研究科)


一般の方:
数量:
正会員・賛助会員:(月刊誌「発達教育」ご購読のみの方は会員ではありません)
数量:
 
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
  ※正会員・賛助会員の方は、発達教育号外2019付録
 「正会員・賛助会員限定 セミナーお申し込み用QRコード」をご利用ください。
※セミナーCをお申し込みの方は、同日開催のセミナーDはお申し込みできません。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------




 2019年7月28日(日)・29日(月)
対象年齢 
発達の評価を学ぶ
知能検査・神経心理学的アセスメントの概要と解釈法

指導・支援を行う上で欠かせない、客観的な指導について学びます。
子どもの認知特性を知るために必要な知能検査。発達障害・知的障害のある子に用いられる知能検査は種々ありますが、このセミナーではWISC‐IV、K‐ABC II、DN‐CASを取り上げます。また神経心理学的アセスメントの講義も設けました。各講義では検査の取り方ではなく、主に検査で測定できる内容や結果の解釈法についてお伝えします。

7月28日(日) 7月29日(月)
9:30 受付 受付
10:15~11:45 WISC‐IVの目的と構造
青山 眞二(北海道教育大学)


認知特性と学習面の評価
K‐ABC IIの目的と構造
永田 真吾(国際学院埼玉短期大学)

13:00~14:30 WISC‐IVの結果の読み取り方
青山 眞二(北海道教育大学)


認知機能の評価
DN‐CASの目的と構造
岡崎 慎治(筑波大学)

14:50~16:20 WISC‐IVの結果を指導に活かす
青山 眞二(北海道教育大学)

発達障害の支援と連動した神経心理学的アセスメント
今井 正司(名古屋学芸大学)


一般の方:
数量:
正会員・賛助会員:(月刊誌「発達教育」ご購読のみの方は会員ではありません)
数量:
 
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
  ※正会員・賛助会員の方は、発達教育号外2019付録
 「正会員・賛助会員限定 セミナーお申し込み用QRコード」をご利用ください。
※セミナーDをお申し込みの方は、同日開催のセミナーCはお申し込みできません。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------




 2019年7月30日(火)・31日(水)
対象年齢 
コミュニケーション特性への理解と支援 NEW!
学校生活への合理的配慮

指導・支援者が第一に求められるのは、子どもへの理解と合理的配慮です。
相手の気持ちや行動の意図を読み取れず、不適応を起こしやすい子ども。他者の話を理解することや自分で判断することに困っている子ども。指導・支援者は、まず、子どもたちに「わかりやすく」伝える必要があります。変わるのは大人が先。合理的配慮が求められています。子どもとコミュニケーションを取れるようになるためのセミナーです。

7月30日(火) 7月31日(水)
9:30 受付 受付
10:15~11:45 発達障害がある子のコミュニケーション特性
井澤 信三(兵庫教育大学大学院)

授業のユニバーサルデザイン
長澤 正樹(新潟大学)

13:00~14:30 コミュニケーション支援の実際
井澤 信三(兵庫教育大学大学院)

ICTを用いた学習・生活への支援①
坂井 聡(香川大学)

14:50~16:20 発達障害のある子の友人関係・人間関係
村上 由美(ボイスマネージ)

ICTを用いた学習・生活への支援②
坂井 聡(香川大学)


一般の方:
数量:
正会員・賛助会員:(月刊誌「発達教育」ご購読のみの方は会員ではありません)
数量:
 
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
  ※正会員・賛助会員の方は、発達教育号外2019付録
 「正会員・賛助会員限定 セミナーお申し込み用QRコード」をご利用ください。
※セミナーEをお申し込みの方は、同日開催のセミナーFはお申し込みできません。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------




 2019年7月30日(火)・31日(水)
対象年齢 
知的障害・発達障害のある子への保育・療育
関わり方の基本と領域別指導法

コミュニケーション、行動の問題、遊び等、指導のヒントが満載です!
幼児期は、身近な人との関わりを通して多くのことを学び、成長する時期です。しかし知的障害・発達障害のある子どもは、認知機能の偏りや理解の未熟さから学ぶ機会を逃してしまうことがあります。障害があっても学び、育つための保育・療育について、子どもとの関わり方といった基本から応用行動分析を用いた具体的な支援等まで、事例とともに学びます。

7月30日(火) 7月31日(水)
9:30 受付 受付
10:15~11:45 療育とは
子どもと関わる時に大切にしたいこと
武藤 英夫(発達協会)

応用行動分析を用いた発達支援
山本 淳一(慶應義塾大学)


13:00~14:30 心身の発達と睡眠覚醒リズム
星野 恭子
(医療法人社団昌仁醫修会 瀬川記念小児神経学クリニック)

コミュニケーションへの支援
事例検討
山本 淳一(慶應義塾大学)

14:50~16:20 保育・療育の中で取り組むあそび
感覚統合の見方を活かす
永井 洋一(新潟医療福祉大学)

行動の問題への対応
事例検討
山本 淳一(慶應義塾大学)


一般の方:
数量:
正会員・賛助会員:(月刊誌「発達教育」ご購読のみの方は会員ではありません)
数量:
 
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
  ※正会員・賛助会員の方は、発達教育号外2019付録
 「正会員・賛助会員限定 セミナーお申し込み用QRコード」をご利用ください。
※セミナーFをお申し込みの方は、同日開催のセミナーEはお申し込みできません。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------




 2019年8月1日(木)・2日(金)
対象年齢 
発達障害・知的障害がある子の「感覚」と認知について学ぶ
リラクセーションのための働きかけも含めて

子どもがどう感じ、解釈しているか知っていますか?
発達障害があると、例えば光を見たり音を聞いたりした時の感じ方=感覚に特性があり、生活や学習に支障をきたすこともあります。表情を読み取る能力や記憶といった認知面も同様です。周囲にはわかりにくいからこそ、周囲の理解が求められます。認知、行動、情動と身体の関係、リラクセーションの実際と併せて学ぶセミナーです。

8月1日(木) 8月2日(金)
9:30 受付 受付
10:15~11:45 「感覚」の過反応と低反応
岩永 竜一郎(長崎大学)

発達障害のある子の記憶特性
堀田 千絵(関西福祉科学大学)

13:00~14:30 「感覚の問題」への支援の実際
岩永 竜一郎(長崎大学)

発達障害・知的障害のある子への身体とリラクセーション①
香野 毅(静岡大学)

14:50~16:20 発達障害のある子の表情認知
市川 寛子(東京理科大学)

発達障害・知的障害のある子への身体とリラクセーション②
香野 毅(静岡大学)

 

一般の方:
数量:
正会員・賛助会員:(月刊誌「発達教育」ご購読のみの方は会員ではありません)
数量:
 
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
  ※正会員・賛助会員の方は、発達教育号外2019付録
 「正会員・賛助会員限定 セミナーお申し込み用QRコード」をご利用ください。
※セミナーGをお申し込みの方は、同日開催のセミナーHはお申し込みできません。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------




 2019年8月1日(木)・2日(金)
対象年齢 
「不器用さ」への理解と支援
家族支援を含めて

粗大運動、手指操作、視覚認知といった領域別に、実践的なアプローチ法を紹介します。
「不器用さ」は脳機能の偏りや未熟さが背景にあり、運動や学習、生活等あらゆる場面で当事者たる子どもを困らせています。このセミナーでは、具体的な支援法を粗大運動、手指操作、視機能など領域別に紹介。また光への反応が過敏で、不器用さの原因にもなりえるアーレンシンドローム、不器用な子を育てる家族支援についても学びます。

8月1日(木) 8月2日(金)
9:30 受付 受付
10:15~11:45 手指操作の発達とその障害
松本 政悦(よこはま港南地域療育センター)

アーレンシンドロームへの理解と支援
熊谷 恵子(筑波大学)

13:00~14:30 手指操作への支援
松本 政悦(よこはま港南地域療育センター)


粗大運動への支援
園や学校でできることを中心に
増田 貴人(弘前大学)

14:50~16:20 視機能の問題と園や学校でできる支援
北出 勝也(視機能トレーニングセンターJoyVision)

不器用な子どもを育てる家族への支援
増田 貴人(弘前大学)


一般の方:
数量:
正会員・賛助会員:(月刊誌「発達教育」ご購読のみの方は会員ではありません)
数量:
 
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
  ※正会員・賛助会員の方は、発達教育号外2019付録
 「正会員・賛助会員限定 セミナーお申し込み用QRコード」をご利用ください。
※セミナーHをお申し込みの方は、同日開催のセミナーGはお申し込みできません。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------




 2019年8月3日(土)・4日(日)
対象年齢 
LD(限局性学習障害)のある子への学習支援
視覚認知への理解も含めて

障害のメカニズムをふまえた、具体的な指導・支援法をご紹介します。
知的発達に遅れはないのに、読み書きや算数など、一部の領域だけ極端に弱さが現れるのがLD(限局性学習障害)です。このセミナーでは、困難さの背景をふまえた指導・支援の実際を事例とともに学びます。学習のしにくさの要因のひとつとなる視覚認知のつまずきについての講義も設けました。

8月3日(土) 8月4日(日)
9:30 受付 受付
10:15~11:45 LD(限局性学習障害)とは?
発達性ディスレクシアを中心に
後藤 多可志(目白大学)

算数障害のアセスメント
伊藤 一美(星槎大学)


13:00~14:30 読み書きが苦手な子への評価と指導①
後藤 多可志(目白大学)

算数障害の指導
伊藤 一美(星槎大学)

14:50~16:20 読み書きが苦手な子への評価と指導②
後藤 多可志(目白大学)

発達障害のある子の視覚認知のつまずき
川端 秀仁(かわばた眼科)


一般の方:
数量:
正会員・賛助会員:(月刊誌「発達教育」ご購読のみの方は会員ではありません)
数量:
 
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
  ※正会員・賛助会員の方は、発達教育号外2019付録
 「正会員・賛助会員限定 セミナーお申し込み用QRコード」をご利用ください。
※セミナーIをお申し込みの方は、同日開催のセミナーJはお申し込みできません。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------




 2019年8月3日(土)・4日(日)
対象年齢 
基礎から学ぶ発達障害・知的障害
領域別の指導の実際

将来を見据えた、指導・支援を目指します。
新卒や経験の浅い指導・支援者の方を対象としたセミナーです。発達障害・知的障害とは何なのか? ことば・コミュニケーション、行動、運動、社会生活技能といった各領域の指導・支援は何を、どのように行えばいいのか? をわかりやすく解説。将来を見据えた指導・支援を行うために、障害のある子のライフサイクルやその家族についても学びます。

8月3日(土) 8月4日(日)
9:30 受付 受付
10:15~11:45 発達障害・知的障害とは
玉井 邦夫(大正大学)

ことばの発達とコミュニケーション支援
熊田 広樹(旭川大学短期大学部)

13:00~14:30 発達障害・知的障害のある子のライフサイクルと課題
家族との関係も含めて
玉井 邦夫(大正大学)

社会生活技能の指導法
藤野 泰彦(発達協会)


14:50~16:20 「行動の問題」がある子への理解と対応
薬物治療も含めて
宮島 祐(東京家政大学)

運動発達をふまえた関わり方
澤江 幸則(筑波大学)



一般の方:
数量:
正会員・賛助会員:(月刊誌「発達教育」ご購読のみの方は会員ではありません)
数量:
 
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
  ※正会員・賛助会員の方は、発達教育号外2019付録
 「正会員・賛助会員限定 セミナーお申し込み用QRコード」をご利用ください。
※セミナーJをお申し込みの方は、同日開催のセミナーIはお申し込みできません。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------




 2019年8月5日(月)・6日(火)
対象年齢 
「行動の問題」の見方と対応の実際
多面的な理解とアプローチ

その場の行動だけではなく、子どもの発達段階や特性、環境に目を向けます。
キレやすい、衝動性が高いと言われる子ども。指導・支援者は「行動の問題」をどのように捉え、対応すべきでしょうか。このセミナーでは行動だけに注目するのではなく、社会性の発達段階や気持ちと身体の関係等、子どもへの理解を深めつつ、医学、認知行動療法、応用行動分析等から具体的な対応法を学びます。

8月5日(月) 8月6日(火)
9:30 受付 受付
10:15~11:45 「行動の問題」への医学的な対応
田中 哲(子どもと家族のメンタルクリニックやまねこ)


子どもの緊張をほぐす
気持ちと身体の関係を学ぶ
高橋 ゆう子(大妻女子大学)

13:00~14:30 社会性の発達と「行動の問題」
小倉 尚子(発達協会・早稲田大学)


応用行動分析によるアプローチ①
アセスメント
渡部 匡隆(横浜国立大学)

14:50~16:20 ものごとの捉え方への支援
認知行動療法によるアプローチ
小関 俊祐(桜美林大学)

応用行動分析によるアプローチ②
対応の実際
渡部 匡隆(横浜国立大学)


一般の方:
数量:
正会員・賛助会員:(月刊誌「発達教育」ご購読のみの方は会員ではありません)
数量:
 
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
  ※正会員・賛助会員の方は、発達教育号外2019付録
 「正会員・賛助会員限定 セミナーお申し込み用QRコード」をご利用ください。
※セミナーKをお申し込みの方は、同日開催のセミナーLはお申し込みできません。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------




 2019年8月5日(月)・6日(火)
対象年齢 
ダウン症への理解と生涯発達をふまえたサポート
出生前診断に関する諸問題も含めて

ことば、運動、摂食、子育てへのケア等、幅広く学びます。
ダウン症の子どもは、運動や言語発達、行動面に特性がある一方、一人ひとり異なる豊かな個性を持っています。ダウン症の特性理解した上で、個別に配慮された支援を行うことが大切です。発達の特性とことば、運動、摂食等領域別の支援に加え、出生前診断、出生前から子育て中の保護者に対してのケアまで幅広く学ぶセミナーです。

8月5日(月) 8月6日(火)
9:30 受付 受付
10:15~11:45 ダウン症の発達特性
幼児期から青年期を中心に
橋本 創一(東京学芸大学)

出生前診断に関する諸問題を整理する
大橋博文(埼玉県立小児医療センター)


13:00~14:30 ダウン症児のことば
・コミュニケーションの発達とその指導

橋本 創一(東京学芸大学)

ダウン症児への摂食指導
町田 麗子(日本歯科大学附属病院)


14:50~16:20 ダウン症の子への運動発達支援
山本 良彦(長野保健医療大学)

子育てを支えるケア
中込 さと子(信州大学)


一般の方:
数量:
正会員・賛助会員:(月刊誌「発達教育」ご購読のみの方は会員ではありません)
数量:
 
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
  ※正会員・賛助会員の方は、発達教育号外2019付録
 「正会員・賛助会員限定 セミナーお申し込み用QRコード」をご利用ください。
※セミナーLをお申し込みの方は、同日開催のセミナーKはお申し込みできません。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------




 2019年8月7日(水)・8日(木)
対象年齢 
特別な関わりが必要な子への保育・幼児教育
子どもへの合理的配慮を含めて

一人ひとりに配慮しつつ、集団の良さを活かすには?
集団に参加するのが難しい、特別な関わりが必要な子がいます。子どもの特性をふまえたコミュニケーション‐合理的配慮‐を行うことを前提に、クラス運営をはじめ、あそびや行動面への対応を考える必要があります。このセミナーでは、クラス運営等、各領域について事例とともにお伝えする他、子どもの見立てや予後・成長について学びます。

8月7日(水) 8月8日(木)
9:30 受付 受付
10:15~11:45 発達障害のある子への合理的配慮
園や家庭で活用できる技法
湯汲 英史(発達協会・早稲田大学)

クラスづくりの方針と手立て
佐藤 曉(岡山大学)


13:00~14:30 子どもの発達と遊びを通した働きかけのポイント
石井 孝弘(帝京科学大学)

クラスの中で取り組む支援の実際
佐藤 曉(岡山大学)

14:50~16:20 集団の中で行う行動面への対応
腰川 一惠(聖徳大学)

子どもの見立てと、予後・成長
二宮 信一(北海道教育大学)


一般の方:
数量:
正会員・賛助会員:(月刊誌「発達教育」ご購読のみの方は会員ではありません)
数量:
 
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
  ※正会員・賛助会員の方は、発達教育号外2019付録
 「正会員・賛助会員限定 セミナーお申し込み用QRコード」をご利用ください。
※セミナーMをお申し込みの方は、同日開催のセミナーNはお申し込みできません。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------




 2019年8月7日(水)・8日(木)
対象年齢 
発達障害・知的障害のある子の思春期・青年期際
中学・高校生期の取り組みを中心に

心と身体、環境が変化する思春期・青年期。指導者・支援者の対応は?
思春期・青年期は、本人も周囲の大人もさまざまな変化に向き合います。このセミナーでは、思春期・青年期の指導・支援に携わる上で学んでおきたいトピックスを凝縮しました。この時期の発達課題をはじめ、生活・行動面への支援、二次障害や自己認知といった心理面への支援、キャリア教育に加え、触法事例への支援についても学びます。

8月7日(水) 8月98日(木)
9:30 受付 受付
10:15~11:45 思春期・青年期の発達課題と生活・行動への支援①
高橋 潔(弘済学園)


自己認知への理解と対応
思春期・青年期を中心に
松浦 直己(三重大学)

13:00~14:30 思春期・青年期の発達課題と生活・行動への支援②
高橋 潔(弘済学園)


発達障害・知的障害のある子の
触法行為のアセスメントと支援を考える

熊上 崇(和光大学)

14:50~16:20 二次障害の予防と対応
不登校・ひきこもり等を中心に
小林 正幸(東京学芸大学)

中高生期に求められるキャリア教育
梅永 雄二(早稲田大学)



一般の方:
数量:
正会員・賛助会員:(月刊誌「発達教育」ご購読のみの方は会員ではありません)
数量:
 
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
  ※正会員・賛助会員の方は、発達教育号外2019付録
 「正会員・賛助会員限定 セミナーお申し込み用QRコード」をご利用ください。
※セミナーNをお申し込みの方は、同日開催のセミナーMはお申し込みできません。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



 
2019 秋のセミナー / 指導力・支援力向上セミナー


1
 2019年10月19日(土)
対象年齢 
発達障害・知的障害がある子の感情と欲求・動機づけ NEW!
その障害と求められる関わり方とは

感情や共感性の大切さを、改めて考えます。
本人の主体性を大切にした指導・支援が当たり前の時代。本人の主体性を尊重するためには、感情や欲求・動機づけ、共感性への理解が欠かせません。ただ感情や共感性にも、発達障害・知的障害がある故の特性があります。神経心理学、認知心理学の視点から学んでみませんか。

10月19日(土)
9:30 受付
10:15~11:45 脳の働きの障害からみた情動・感情と欲求・動機づけ
発達障害・知的障害がある子も含めて
坂爪 一幸(早稲田大学)

13:00~14:30 心の動きの特徴からみた情動・感情と欲求・動機づけ
発達障害・知的障害がある子も含めて
坂爪 一幸(早稲田大学)

14:50~16:20 ASDのある子の共感性
米田 英嗣(青山学院大学教育人間科学部)


一般の方:
数量:
正会員・賛助会員:(月刊誌「発達教育」ご購読のみの方は会員ではありません)
数量:
 
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
  ※正会員・賛助会員の方は、発達教育号外2019付録
 「正会員・賛助会員限定 セミナーお申し込み用QRコード」をご利用ください。
※セミナー1をお申し込みの方は、同日開催のセミナーS1はお申し込みできません。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



S1
 2019年10月19日(土)
対象年齢 
nenrei
発達障害・知的障害のある子の保護者について学ぶ
メンタルヘルス、コミュニケーション、ペアレント・トレーニングを中心に

子どもへの支援は保護者について学ぶことからスタートします。
指導者・支援者が保護者と関係をつくり、深めるためには、まず保護者の思いを知り、学ぶ必要があります。コミュニケーション、ペアレント・トレーニング、メンタルヘルスと3つの視点から学ぶことで、子どもへの指導・支援も変わります。

10月19日(土)
9:30 受付
10:15~11:45 保護者とのコミュニケーション
中川 信子(言語聴覚士)

13:00~14:30 ペアレント・トレーニングの実際
富澤 弥生(東北福祉大学)

14:50~16:20 保護者のメンタルヘルス
秋山 千枝子(あきやまこどもクリニック)


一般の方:
数量:
正会員・賛助会員:(月刊誌「発達教育」ご購読のみの方は会員ではありません)
数量:
 
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
  ※正会員・賛助会員の方は、発達教育号外2019付録
 「正会員・賛助会員限定 セミナーお申し込み用QRコード」をご利用ください。
※セミナーS1をお申し込みの方は、同日開催のセミナー1はお申し込みできません。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------




2
 2019年10月20日(日)
対象年齢 
愛着形成・トラウマ・双極性障害への理解と対応
発達障害との関連も含め

心の育ち、心のトラブルについて考えます。
子どもの成長、発達に大きな影響を与える愛着形成。愛着形成の障害と発達障害の症状は似ていると言われることもありますが、どう理解すべきでしょうか。「心のトラブル」であるトラウマ、発達障害とうつ病、双極性障害の併存とともに学びたいと思います。

10月20日(日)
9:30 受付
10:15~11:45 発達障害のある子と愛着形成
古荘 純一(青山学院大学)

13:00~14:30 トラウマが与える影響と対応
発達障害がある子を中心に
古荘 純一(青山学院大学)

14:50~16:20 発達障害とうつ病、双極性障害の併存
岡田 俊(名古屋大学医学部附属病院)


一般の方:
数量:
正会員・賛助会員:(月刊誌「発達教育」ご購読のみの方は会員ではありません)
数量:
 
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
  ※正会員・賛助会員の方は、発達教育号外2019付録
 「正会員・賛助会員限定 セミナーお申し込み用QRコード」をご利用ください。
※セミナー2をお申し込みの方は、同日開催のセミナー3、S2はお申し込みできません。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------




3
 2019年10月20日(日)
対象年齢 
発達障害・知的障害のある子の「感覚」への対応
感覚統合と動作法からのアプローチ

本人以外にわかりにくい「感覚」の問題。理論をふまえた対応が大切です。
特定の音や触られることが苦手等、生活や学習のしにくさにつながる「感覚」の問題。周囲が学び、理解し、対応することが求められます。また「感覚」の問題は身体や心の緊張の高さにつながることも。動作法によるリラクセーションの実際もお伝えします。

10月20日(日)
9:30 受付
10:15~11:45 「感覚」の過反応と低反応
岩永 竜一郎(長崎大学)

13:00~14:30 「感覚の問題」への支援の実際
岩永 竜一郎(長崎大学)

14:50~16:20 緊張が高い子へのリラクセーション
香野 毅(静岡大学)


一般の方:
数量:
正会員・賛助会員:(月刊誌「発達教育」ご購読のみの方は会員ではありません)
数量:
 
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
  ※正会員・賛助会員の方は、発達教育号外2019付録
 「正会員・賛助会員限定 セミナーお申し込み用QRコード」をご利用ください。
※セミナー3をお申し込みの方は、同日開催のセミナー2、S2はお申し込みできません。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------




S2
 2019年10月20日(日)
対象年齢 
nenrei
ADHD・ASDの子どもへの学童期の指導
社会性の課題を中心に  【35名限定】

「行動の問題」と捉える前に、社会性の発達段階を見極めます。
「行動の問題」の背景には、社会性の未熟さが隠れていることが少なくありません。社会性の発達段階を評価した上で、関わり方を変えたり、集団のルール等を丁寧に学ばせたりといった取り組みが大切です。実際の療育場面の映像とともに学びます。

10月20日(日)
9:30 受付
10:15~11:45 社会性の発達段階と評価
小倉 尚子(発達協会・早稲田大学)

13:00~14:30 社会性を育てる
発達段階に合わせた関わり方
小倉 尚子(発達協会・早稲田大学)

14:50~16:20 ケース検討
受講者からのケースも含めて
小倉 尚子(発達協会・早稲田大学)


一般の方:
数量:
正会員・賛助会員:(月刊誌「発達教育」ご購読のみの方は会員ではありません)
数量:
 
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
  ※正会員・賛助会員の方は、発達教育号外2019付録
 「正会員・賛助会員限定 セミナーお申し込み用QRコード」をご利用ください。
※セミナーS2をお申し込みの方は、同日開催のセミナー2、3はお申し込みできません。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------




4
 2019年10月26日(土)
対象年齢 
音楽療法と動作法を用いた発達支援
心と身体へのアプローチ

子どもに提供するプログラムの幅を広げます。
動作法と音楽療法という二つのアプローチで、子どもの身体、心、コミュニケーション等の発達を促す方法を学びます。活動を通して、子どもが自分の身体や心に向き合うこと、人と関わることや楽しさを共有することがねらいです。意欲を引き出す指導の実際を。

10月26日(土)
9:30 受付
10:15~11:45 発達障害・知的障害のある子の身体とリラクセーション
動作法を中心に
飯嶋 正博(順天堂大学)

13:00~14:30 音楽療法の意義と進め方
情動やコミュニケーション能力への働きかけ
𡈽野 研治(日本大学藝術学部)

14:50~16:20 音楽療法のセッション
実例も含めて
𡈽野 研治(日本大学藝術学部)


一般の方:
数量:
正会員・賛助会員:(月刊誌「発達教育」ご購読のみの方は会員ではありません)
数量:
 
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
  ※正会員・賛助会員の方は、発達教育号外2019付録
 「正会員・賛助会員限定 セミナーお申し込み用QRコード」をご利用ください。
※セミナー4をお申し込みの方は、同日開催のセミナーS3はお申し込みできません。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------




S3
 2019年10月26日(土)
対象年齢 
nenrei
知的障害・発達障害のある子のほめ方・叱り方・伝え方
合理的配慮の視点も含めて

ほめたこと、叱ったことが、本当に子どもに伝わっていますか?
大人がほめたり、叱ったりする意図が、子どもに伝わっているでしょうか? コミュニケーションに困難さを抱える知的障害・発達障害のある子と関わる際は、伝える大人側に工夫や配慮が必要です。臨床経験豊富な3人の講師が、事例を交えながらお話しします。

10月26日(土)
9:30 受付
10:15~11:45 合理的配慮とコミュニケーション支援の実際
湯汲 英史(発達協会・早稲田大学)

13:00~14:30 子どもに伝わるほめ方・叱り方とは
塩川 宏郷(実践女子大学生活科学部生活文化学科)

14:50~16:20 知的障害・発達障害のある子の自尊感情を育てる関わり方・伝え方
小島 道生(筑波大学人間系)


一般の方:
数量:
正会員・賛助会員:(月刊誌「発達教育」ご購読のみの方は会員ではありません)
数量:
 
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
  ※正会員・賛助会員の方は、発達教育号外2019付録
 「正会員・賛助会員限定 セミナーお申し込み用QRコード」をご利用ください。
※セミナーS3をお申し込みの方は、同日開催のセミナー4はお申し込みできません。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------




5
 2019年10月27日(日)
対象年齢 
指導に活かす発達の評価
WISC‐IVを中心に

心理検査の取り方ではなく、結果を解釈し、指導に活かす方法を学びます。
知能検査は客観的な指標として活用されていますが、取ることはもちろん、その解釈や活かし方には十分な知識と経験が必要です。このセミナーではWISC-IVを取り上げ、結果の読み取り方、活かし方をお伝えします(検査の取り方は講義内容に含まれません)。

10月27日(日)
9:30 受付
10:15~11:45 WISC-IVの結果の読み取り方
大六 一志(臨床心理士・臨床発達心理士・特別支援教育士SV)

13:00~14:30 結果から導き出す学習課題
大六 一志(臨床心理士・臨床発達心理士・特別支援教育士SV)

14:50~16:20 結果や観察評価から導き出すコミュニケーションや集団生活での配慮
大六 一志(臨床心理士・臨床発達心理士・特別支援教育士SV)


一般の方:
数量:
正会員・賛助会員:(月刊誌「発達教育」ご購読のみの方は会員ではありません)
数量:
 
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
  ※正会員・賛助会員の方は、発達教育号外2019付録
 「正会員・賛助会員限定 セミナーお申し込み用QRコード」をご利用ください。
※セミナー5をお申し込みの方は、同日開催のセミナー6、S4はお申し込みできません。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------




6
 2019年10月27日(日)
対象年齢 
衝動的な行動への理解と対応 
約束の伝え方も含めて

問題となっている行動を具体化し、望ましい行動に向けた対応を考えます。
衝動性をコントロールできず、叱られる経験が多い子がいます。劣等感を持ったり、学校で孤立したりすることも。このセミナーでは、衝動的な行動の背景や対応を応用行動分析の視点から講義。また「約束を守る力を育てる」中で、子どもの発達を促すことも学びます。

10月27日(日)
9:30 受付
10:15~11:45 衝動的な行動の捉え方と環境づくり
井上 雅彦(鳥取大学大学院 医学系研究科)

13:00~14:30 困った行動の代わりとなる望ましい行動を育てる
井上 雅彦(鳥取大学大学院 医学系研究科)

14:50~16:20 約束を守る力を育てる
二宮 信一(北海道教育大学)


一般の方:
数量:
正会員・賛助会員:(月刊誌「発達教育」ご購読のみの方は会員ではありません)
数量:
 
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
  ※正会員・賛助会員の方は、発達教育号外2019付録
 「正会員・賛助会員限定 セミナーお申し込み用QRコード」をご利用ください。
※セミナー6をお申し込みの方は、同日開催のセミナー5、S4はお申し込みできません。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------




S4
 2019年10月27日(日)
対象年齢 
nenrei
自閉症スペクトラム障害の子どもへの幼児期の指導
家族との連携も含めて  【35名限定】

人と関わり、人から学ぶ。本人も家族も暮らしやすくなるために。
新しいことや周りからの働きかけに見通しを持てず、泣いたり拒否したりすることの多い幼児期。このセミナーでは、何から、どう教えていくのかをお伝えします。生活技能、気持ちや身体のコントロール法、また他者との関わり方等についての事例が盛りたくさんです。

10月27日(日)
9:30 受付
10:15~11:45 幼児期に育てたい力
武藤 英夫(発達協会)

13:00~14:30 発達に合わせた指導の実際
武藤 英夫(発達協会)

14:50~16:20 ケース検討
受講者からのケースも含めて
髙瀬 麻起子・山口 聡美(発達協会)


一般の方:
数量:
正会員・賛助会員:(月刊誌「発達教育」ご購読のみの方は会員ではありません)
数量:
 
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
  ※正会員・賛助会員の方は、発達教育号外2019付録
 「正会員・賛助会員限定 セミナーお申し込み用QRコード」をご利用ください。
※セミナーS4をお申し込みの方は、同日開催のセミナー5、6はお申し込みできません。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------




7
 2019年11月9日(土)
対象年齢 
遊びを通して発達を促す
生活動作、学習、コミュニケーションの力を中心に

子どもも大人も楽しみながら、プログラムを進めましょう。
着替えや食事、学習等で手指や道具を上手く使えずに困っている子がいます。このセミナーでは、生活動作や学習場面でできることを増やすために、子どもが意欲を持って取り組める遊びを紹介。遊びを通してことば・コミュニケーションの力を伸ばす方法とともに学びます。

11月9日(土)
9:30 受付
10:15~11:45 遊びの中でことば・コミュニケーションの力を育てる
東 敦子(臨床発達心理士)

13:00~14:30 生活動作を育てる遊び
作業療法の視点から
笹田 哲(神奈川県立保健福祉大学)

14:50~16:20 学習する力を育てる遊び
作業療法の視点から
笹田 哲(神奈川県立保健福祉大学)


一般の方:
数量:
正会員・賛助会員:(月刊誌「発達教育」ご購読のみの方は会員ではありません)
数量:
 
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
  ※正会員・賛助会員の方は、発達教育号外2019付録
 「正会員・賛助会員限定 セミナーお申し込み用QRコード」をご利用ください。
※セミナー7をお申し込みの方は、同日開催のセミナー8はお申し込みできません。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------




8
 2019年11月9日(土)
対象年齢 
発達障害・知的障害のある子どもの家族への支援
児童虐待への対応も含めて

子どもへの支援と家族支援は切り離すことはできません。
障害のある子を育てる不安や負担感は、周囲からの理解やサポートが得られるかどうかで大きく変わります。保護者の精神疾患や貧困等の理由で家族が機能不全に陥ると虐待につながるおそれもあり、その前に支援につなぐことが大切。きょうだい支援とともに学びます。

11月9日(土)
9:30 受付
10:15~11:45 きょうだいへの支援を考える
阿部 美穂子(山梨県立大学)

13:00~14:30 発達障害・知的障害のある子どもの子育てと保護者の心理
玉井 邦夫(大正大学)

14:50~16:20 発達障害・知的障害のある子どもと虐待
機能不全家庭への支援
玉井 邦夫(大正大学)


一般の方:
数量:
正会員・賛助会員:(月刊誌「発達教育」ご購読のみの方は会員ではありません)
数量:
 
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
  ※正会員・賛助会員の方は、発達教育号外2019付録
 「正会員・賛助会員限定 セミナーお申し込み用QRコード」をご利用ください。
※セミナー8をお申し込みの方は、同日開催のセミナー7はお申し込みできません。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------




9
 2019年11月10日(日)
対象年齢 
脳の働きをふまえた発達支援
「注意」へのアプローチを中心に

学術的なデータや事例を通して学びます。
気持ちの切り替えが苦手であったり、注意散漫であったりする一方、興味のあることには人一倍の集中力を見せる等、「注意」の働きに偏りのある子ども。脳の働きをふまえた支援とは何でしょうか。神経心理学の立場から行う子どもへの評価と併せてお伝えします。

11月10日(日)
9:30 受付
10:15~11:45 「注意」の働きに偏りがある子への配慮と指導①
生活・行動面を中心に
今井 正司(名古屋学芸大学)

13:00~14:30 「注意」の働きに偏りがある子への配慮と指導②
学習面を中心に
今井 正司(名古屋学芸大学)

14:50~16:20 脳の働きをふまえた子どもの評価
神経心理学の立場から
片桐 正敏(北海道教育大学旭川校)


一般の方:
数量:
正会員・賛助会員:(月刊誌「発達教育」ご購読のみの方は会員ではありません)
数量:
 
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
  ※正会員・賛助会員の方は、発達教育号外2019付録
 「正会員・賛助会員限定 セミナーお申し込み用QRコード」をご利用ください。
※セミナー9をお申し込みの方は、同日開催のセミナー10はお申し込みできません。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------




10
 2019年11月10日(日)
対象年齢 
幼児期・学童期に育てたい集団参加の力
衝動的な子への対応も含めて

現場で活かせるヒントやワザが満載です。
集団への参加が苦手な子どもの背景にある特性と、求められる関わりとは? 本人だけでなく、周囲も困らせる衝動性はどう理解し、対応すればいいのでしょうか? 環境調整を含めた会話力の育て方とともに、集団参加の力を育てるアプローチを学びたいと思います。

11月10日(日)
9:30 受付
10:15~11:45 集団参加の力を育てるためのアプローチ
三島 節子(LD発達相談センターかながわ)

13:00~14:30 衝動的な子への対応
三島 節子(LD発達相談センターかながわ)

14:50~16:20 会話の力を育てる
藤野 博(東京学芸大学)


一般の方:
数量:
正会員・賛助会員:(月刊誌「発達教育」ご購読のみの方は会員ではありません)
数量:
 
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
  ※正会員・賛助会員の方は、発達教育号外2019付録
 「正会員・賛助会員限定 セミナーお申し込み用QRコード」をご利用ください。
※セミナー10をお申し込みの方は、同日開催のセミナー9はお申し込みできません。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------






HOMEへ戻る