医療相談
 

 

誰でも、病気になったとき、大きな怪我をしたときに病院にいきます。

もちろん発達障害をもった方たちも同じこと。当たり前に当たり前の医療が必要です。

それに加えて、発達障害をもった子どもたち、青年たち、成人の方たちには、

できるだけその力を伸ばすため、健やかな生活のために、特に必要な医療がたくさんあります。

必要な医療とはどんなことでしょうか。

医療についての素朴な疑問におこたえするページです。

医療Q&A
医療ミニコラム
   
特殊な「てんかん」をもつ子どもへの治療法や、家族でできる取り組みを解説します。詳しくはこちら
   
(社)発達協会で行った医療に関する研究・調査を紹介しています。
   
個性的な発達をする子どもたち−発達障害の理解−
 
石崎 朝世(社)発達協会王子クリニック・小児科医
  認知・情緒・行動面など、さまざまな発達につまずきをもつ子どもたちがいます。はっきりとした診断名はつかないものの、境界領域の子どもたちまで入れるとかなりの数になると言われており、そのような個性的な発達をする子どもたちへの適切な理解がいま求められています。
さまざまな発達障害における特性と対応法について、6回連載でご紹介しています。