■運動指導の目的  

 私たちは、子どもたちが大人になった時に、健やかに日々を過ごしてもらいたいと願っています。
  そのためには、小さい頃から自分の体と上手につきあっていくことが必要です。 運動の意義は、体力づくり、健康の維持だけではありません。目的に合わせて体を動かすことで、自分の動きを知り、動きを調整することになります。

 また運動を通して、人に合わせて動くことを学びます。大人と一緒に行なうときに、スキンシップなどコミュニケーションが生まれます。見本を見て姿勢をつくったり、動いたりすることで、人に目を向けるようになります。  子どもたち何人かで行なうことで、「友達より上手に」、「相手より速く」などの競争意識が芽生えます。ペアやグループで運動することで、協同意識を持てるようにもなるでしょう。  ご家庭でもできる運動と、そのポイントを紹介していきたいと思います。