------------------------------------------------------------------
月刊発達教育について

●月刊「発達教育」は、年間購読をお願いしています。
●書店ではお求めになれません。お手元まで、毎月直接お届けいたします(25日発行)。
●2022年度分は2022年4月号~2023年3月号までです。
●年度途中のお申し込みでも、4月号よりお送りしています。
 原則、年間購読以外の販売(ばら売り、途中の号からのご注文)はお断りしております。
●月刊「発達教育」購読料の郵便振り込み手数料は無料です。
●月刊「発達教育」は、継続購読の手続きを簡単にするため、「自動継続システム」をとっています。
 購読中止を希望される場合には必ずご連絡下さい。
●発送には、1週間から10日程度かかる場合があります。
●バックナンバーの販売は当年度12月末に終了します。バックナンバーはばら売りも承っております。
●会員の購読料は、会費に含まれています。




2022年度 年間購読料 4,800円(送料+10%税込/B5判、44ページ)


月刊「発達教育」3月号

月刊 発達教育(2022年度) 受付中!




 

特集 「知る」ことから始めよう!
   吃音の基礎知識と最近の指導・支援について」
髙橋 三郎
(府中市立住吉小学校 きこえとことばの教室)

吃音のあるお子さんと話すとき、心配そうな表情で見つめたり、気を遣ったりと、会話がどこかぎこちなくなってしまうことはありませんか? 子どもが話すことに消極的にならないか、どう指導すればよいのか、周りの大人も悩んでいます。今回は、吃音の基礎知識から支援やサポートについて学びたいと思います。

 

●家族支援
親の気持ち―理解し、支えるために
音声チックが出る息子。
周りのお友だちや先生に理解してもらっているけれど
中川信子

●発達心理
人としての成長を見つめる
ことばに関する諸問題⑦
話を聞く子ども、成長する子ども
湯汲英史

●行動
集団適応に課題のある子どもへのクラスの中での対応
―社会性や情動調整の発達から考える
ヤングケアラーに対する理解と支援
相澤雅文

●論説【巻頭言】
少年事件と発達障害
川名壮志

●コミックエッセイ
むすこに教わった17のこと
苦手のしっぽを見つけて解決を考える
齊藤恵

●生活
自立を支える暮らしの力
清潔―歯みがき
村田純一

●コラム
長澤版 発達障害・知的障害のキーワード
今回のキーワード:感覚の過敏性
長澤正樹

●運動
園や学校で取り組む、体を使った遊びと
アダプテッド・スポーツ
余暇活動としてのアダプテッド・スポーツ
綿引清勝

●コミュニケーション
“親も子も”自己肯定感を安定させるには
園や学校の中でできる支援親への対応
(子どもに発達障害があるなしにかかわらず、大人はどう接するのか)
古荘純一

●成人期
成人期の暮らし
青年期の支援のポイント➂
飯田雅子

●子育て
あなたの子育て相談室
井上智佳
私の子育て日記
山口あき

●エッセイ
ユンタにまつわるあれこれのこと
ユンタの就活・面談編
たちばなかおる

●読者のページ
●みんなのひろば―お便りとアンケートのページ
★書籍のご案内
★事務局通信
★クリップボード










HOMEへ戻る